タウンワークが営業にきました

パートとしてとあるファーストフード店で働いているとき、タウンワークの人が営業で店にやってきました。その人はスーツを着ており、すぐに自分の名前を名乗って店長を呼んでほしいと言っていました。そのあとに店長と色々会話していました。その内容は、今の店の状態はどうかと聞いていました。必要なスタッフの人数が揃っているかどうかを聞いていました。もしもスタッフが足りなくて求人を出そうと考えているなら、ぜひタウンワークのほうに連絡をくださいと言っていました。名刺を渡していたので、そこに連絡先が書かれていました。店長としても求人を出そうと思えばすぐにその連絡先に連絡をすれば求人を出してもらえるのでとても便利で助かります。いつもスタッフが足りなくなるとそこへ電話して新たに求人を出してもらっていました。営業の人が求人に載せる写真も撮りにきました。

タウンワークとハローワークの違い

仕事を探す時に通う場所は、ハローワークです。このハローワークは、無償で仕事先選別してくれることから、多くの企業が依頼を行なっています。そこには、公共の仕事場を利用して、社員やパートの人を探そうとしている訳です。これに対し、タウンワークは、企業がお金を出して人を募集する所になります。ですから、タウンワークとしては、良い人材を提供する必要に迫られます。良くない人材ばかりを提供してしまうと、二度と募集のためにタウンワークを利用してくれないことになり、死活問題になってしまうからです。両者を比較してみると、ハローワークの方が地道な応募方法になっているように感じます。ですがこれは、仕方のないことなのでしょう。企業側からお金をもらい、依頼される訳ですから、好条件での掲載も多くのなるのが、当然なことにもなってしまうのでしょう。

タウンワークは有益な情報誌

タウンワークには様々な企業が求人を載せています。アルバイトからパートそして、派遣や正社員までそれぞれに合った働きかたを選ぶことが可能です。掲載している企業も待遇や会社の概要を詳細に記している優良な企業ばかりなので安心です。また、働く場所や会社の所在地ごとに分類されているので、非常に見やすく探しやすいです。そしてフリーペーパーなので誰もが手軽に読むことが出来る点も魅力です。置場所も、スーパーやアミューズメント施設など普段よく行く場所に置かれているので、買い物ついでや遊んだついでに持ち帰ることが出来ます。インターネットでもタウンワークのサイトがあるので、いつでも最新の情報を手に入れられるので求職中の人にとっては有り難い存在です。良い求人に巡り会うには、迅速さが必要です。タウンワークを常にチェックしアンテナを張り巡らせることが成功の鍵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*